« 世界標準時のお膝元 shortly arriving | トップページ | 目撃、五月一日火曜日 the Emerald Green »

ハレの日のはず an awful birthday

Etc_005

世界のすべてのものが憎い。

自分もろともこの世界が消えてしまえばいいのに。

 

と、いつも思う。二日酔いのとき限定で。

21歳というイギリスでは記念すべき酒類購入を許される年齢になった初日を、二日酔いの状態で過ごすとはなんとも皮肉な。しかも当人相当のアル中。ああ、実に世紀末的な皮肉だ。マジ笑えねー。

あたしは極度の二日酔い中は、目が合った奴は虫だろうと人だろうと片っ端からブッコロス、くらいの勢いで機嫌が悪い。そして些細なことで気が立ったり滅入ったり。

といってもあたしは運がいいので、今のところそこまでヤバイ状態のときに誰かといて精神的な迷惑をかけたことは、ない。いつも一人で世界を呪ってうだうだしてるだけ。

今日はまあそこまでではなかったものの、やっぱり世界消滅願望がむくむくと鎌をもたげていた気配があった。

Piccadillyのジャパニーズセンターの食品売り場のレジのねーちゃんが、あたしにだけ日本語ではなく英語で対応してたことに対しても、理不尽なほど腹を立ててた。や、いつものことじゃん。あたし絶対中国人だと思われてるんだよ。ほら、にほんじーん☆て感じのきらきらおしゃれして化粧してる女の子共とは比べるだけ無駄ってくらいずぼらな雰囲気醸し出してるから。

…罪のない日本人衆に対していつもよりもっと攻撃的な姿勢とってるのも、ゾロ目なんだから人の誕生日くらい憶えてろよっていうかみんなどーせ憶えてたって筆不精を理由におめでとうのひとこともよこさないんだ、なんて卑屈なマイナス思考になってるのも、あれもこれもすべて二日酔いのせいなので、大目に見てください。

世界の滅亡も、願うだけならタダだから。

|

« 世界標準時のお膝元 shortly arriving | トップページ | 目撃、五月一日火曜日 the Emerald Green »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/39908/7468039

この記事へのトラックバック一覧です: ハレの日のはず an awful birthday:

« 世界標準時のお膝元 shortly arriving | トップページ | 目撃、五月一日火曜日 the Emerald Green »