« 2007年11月 | トップページ

書かれなかった空白の四半日に君と隣り合う。 Far away, with You.

  

帰り道に恋なんて拾うもんじゃない。

  

mixiの日記を一年ぶりくらいに更新した。
上の一文は、そのタイトル。

日記ではタイトルにかするような内容は一言も書かずに。もちろん 笑。

それがなおのことタイトルに引っかかっちゃう印象を与えたようで(しかも一年ぶりの更新で)、日記の内容よりもそっちに対する反応が多かったのは、まあ言うまでもない。
我ながら、うまいタイトルだと思う。
短編集の名前として使えそうじゃあないかい?

 

を定義するのは難しい。

愛は、もう少し普遍的で安定してるけど。

  

人種の坩堝だとかデカりんご(Big Apple)なんて呼ばれ方をする世界でも有数の巨大都市・New York City。

一般的に「New York」というと、この世界の中心都市らしき町を連想するようだけど、「New York」が指すのは、New York Cityである場合はむしろ少なく、New York State全体の広大な(北海道くらい)土地だ。

New York CityはNew York Stateのほんの南端にあって、あたしはそこから長距離バスを乗り継いで7時間ほどのところにあるPlattsburghという、大学しかない小さな町に友達を訪ねた。

カナダ国境まで車で1時間。でもここはNew York。

PlattsburghのあとにJohnstownという別の町(同じNew York内)の友達のところにもお邪魔して、その子のホストファザーと話したときにこう言ってた。

ここには何にもない。Cityとは正反対だ。でもここはニューヨークだ。みんな俺がニューヨーカーだって言うと、「すごいとこに住んでるんだね」て言うけど、彼らが思ってるニューヨークと俺が住んでるニューヨークは全く別の世界だ。彼らは何も知らずに、ある意味想像でものを言ってる。ほんと、無知で浅はかだね。

彼はあたしに同意やましてや同情や憐憫を応答に期待して言ったのではなかった。

事実を淡々と、でも皮肉りながら、当てつけるでもなく、どちらかというと独り言みたいに呟いた。声音はなんだか少し楽しげでもあった。

(執筆途中)

| | コメント (15) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ